2010年

7月

28日

siyadlalaすべてのイベントを終えて

Siyadlalaを終えて

 

更新が遅くなってすいません、代表の黒須です。

 

南アW杯が終わってはや約2週間がたちました。やはり2週間もたつと自然に南アの話題がなくなってしまいましたね。


でもあの1か月で日本の多くの人が「南アフリカ」という国を認識し、良くも悪くも関心を抱いてくれました。

 

貧困、治安、ひとくくりにされがちな「アフリカ」、HIV/AIDS…マイナスなイメージも多く発信されました。

 

メディアを通じて、どう南アの印象が変わったのでしょうか。

 


私はこのイベントを通じて、直接南ア人と触れ合うことで、参加者のみなさんに感じてもらうことを目的としました。

直接触れ合って、話すことで、メディアからの一方的な情報でなく、双方的な交流をしてもらいたかったのです。

それが偏見や誤解をなくす。一番早く重要なことだと感じたからです。

 


人種も宗教も文化も混ざり合っている国。歴史に翻弄されながらも、南アは、他のアフリカ諸国とは違う独自の雰囲気を作り上げました。


そして良くも悪くも常に自分に素直に生きている人々。

大笑いするときはオーバーだし、泣くときは顔がゆがむぐらいひどい。

いつも歌って踊って、毎日が騒がしい。毎日がまさにサバイバル。

 

触れ合ってみなければ感じないことが多い。もっと多くの日本人に南アと触れ合ってほしい。

そして自分の中にある南ア人、南アのイメージを少しでも変えられるきっかけになれば幸いです。

 


4都市で合計400人以上の方に参加していただきました。本当はひとりひとりに感想をお聞きしたいくらいです。本当にありがとうございました。心から御礼申し上げます。

 

 

そして最後にメンバーのみんなへ。


4都市のスタッフは、60人に上りました。(全員Webに載せられずにすみません;)最初10人ちょっとに回したメールからこんなにも協力してくれる人たちがいてくれ、本当に感謝しています。

 

2月、私自身就職活動の中でしたが、この記念すべきW杯の年に、日本でイベントをやりたい、もっと多くの人に南アを知ってもらいたいという想いから、東京中心に13人にメール。


2月下旬には初MTGを渋谷でやりました。


私自身はリーダーを務めることは今までなく、初めての経験でしたが、メンバーが常に支えてつづけてくれました。本当にメンバーに感謝しています。

ありがとうございました。


それからそれぞれの都市がもつ素晴らしい人脈のもと、メンバーが増え続け、こんなにもたくさんの人にかかわってもらえました。

仲間がこんなにも増え、心から嬉しいです。siyadlala飲み会をいつか開催したいですね。笑


本当にみんなありがとうございました。みんなと作り上げることができて本当に感激です。


いつか全員で会いましょう!!

 

 

くろす

 

0 コメント

2010年

7月

11日

『AfriKansai!! 世界の人たちとフットサルしよう!』終了!

7月10日は、ついにsiyadlala大阪のイベント『AfriKansai!!』が開催されました!

多くの小学生と外国人の方に参加していただき、本当にありがとうございました。

 

参加者が約80人、スタッフが20人と皆さんのご協力のもと、無事に成功して終えることができました。

 

また天候にも恵まれ、(逆にすごい暑すぎでしたが;)参加者とスタッフも日焼けしながら1日、お祭り騒ぎしました!

 

写真で、当日の様子とブースの紹介をさせていただきますね♪

南アの言葉を習おう!と、南アの遊びをしよう!ブース。

 

南ア人のアロイさんの母語のズールー語をクイズ形式にしました!

 

普段耳にしない、ズールー語に興味津々!

 

Sawubona!(Hello!)は言えるようになったかなぁ?

 

 

 

 

アフリカの国探しゲーム!ブース。

 

複雑なアフリカの国の形を見て、どこの国だかわかるかな??

 

あんまりなじみが薄いアフリカだけど、クイズを通していろんな国があることがわかったみたい。一括りにアフリカっていっても、いろんな国や文化があることが伝われば嬉しいです♪

チェッコリを歌いながら、ペットボトルボーリング!のブース。

 

ガーナの音楽「チェッコリ」のリズムにのってボーリング!フットサルの合間に体を使ってリフレッシュ!!

当日のスタッフも民族衣装やカンガを巻いてました!

 

左のはウガンダの民俗衣装。

猛暑の中、さすが小学生のみんな!パワフルでした!!

当日のチームは、外国人の方との混合チーム。

 

言葉の壁もあるけど、一緒にプレイをすることで、チームとして団結できました!

試合の合間には、南アに関するクイズも出題。

 

点数に加点するとのことで、チームで相談しながらクイズに挑戦!

 

フットサルしながら、南アのことも少し知る機会になれたら嬉しいです♪

当日は、ザンビアの学校建設のプロジェクトに参加した、佐竹詩子さんの写真展も開催!

 

ザンビアの子供たちの笑顔があふれてる素敵な写真がたくさんありました。

 

本当にご協力ありがとう!

 

(HP http://ameblo.jp/zambiaschool/

 

 

閉会式の様子。

 

優勝チームと準優勝チームには、素敵な景品が…!!!

集合写真です。

 

本当に暑い中、参加者のみなさま、スタッフのみんなありがとうございました!!

 

また共催してくださった、JICA大阪のみなさまにもお礼申し上げます。

 

大成功に終わったのも、本当にみなさまのご協力のおかげです!

 

本当にありがとうございました。

 

 

大阪代表  くろす ひとみ

23 コメント

2010年

7月

02日

Siyadlala名古屋。イベントを終えて。

こんにちは。

「南ア語で遊ぼう」コーナーを担当させて頂いた、まこっちゃんです。

「Siyadlala!」を振り返りながらブログをアップしたいと思います。

 

皆さん「Siyadlala!」を応援してくださって有り難うございました。

約100人もの方にに参加していただき、イベントは盛り上がりました。

皆様の温かい声援がとても嬉しかったです

 

僕らスタッフは、皆様とアフリカの文化を共有して、

楽しい一日を過ごせました。

楽しすぎて、笑いすぎて、はしゃぎすぎて、

あっという間に時間は過ぎて行きました。 

 

僕たちはアフリカの素晴らしい一面を皆様にお伝えすることが

出来ましたでしょうか?

 

楽しかったイベントを写真とともに振り返ってみます。

 

会場準備①
会場準備①
会場準備②
会場準備②

受付!!

盛り上がってきています!!

お客さんの入りもいい感じです★

さぁ、いよいよSiyadlala開幕!!!


リーダーのマイカさんが司会をしております。

 

ちなみに、マイカさんが来ているのはウガンダの民族衣装。

僕らの友達がさっそうと入場中!!①
僕らの友達がさっそうと入場中!!①
僕らの友達がさっそうと入場中!!②
僕らの友達がさっそうと入場中!!②
僕らの友達がさっそうと入場中!!③
僕らの友達がさっそうと入場中!!③

在名古屋アフリカンの紹介をしています。

左から、

モザンビーク出身のマロア、

ケニア出身のサンドラ、

モザンビーク出身のメンディアット、

エチオピア出身のベドゥル、

ブルンジ出身のデジレ、

ナイジェリア出身のジェイコブ、

マラウィ出身のクララ、

コンゴ出身のクリス、

マダガスカルの農家のオジさん・・・おっと間違えたアンドー。

 

皆、僕の大切な友達!僕の大切な先生です!

皆、アフリカの色んなことを教えてくれる大切な先生。

アフリカには、魅力が沢山つまっている。

ワクワクします!!ww

一人一人が各国の紹介をしています。皆、自分の国を誇りに思っています。

アフリカには沢山の国があって、それぞれの国がとってもユニークです。

青年海外協力隊でルワンダに行っていた加藤悦子さん。ソーシャルワーカーとして現地で働いた経験談を語ってくれました。

「アフリカに対するメッセージ」が書かれた葉っぱがいっぱい貼ってあるぞ!!

この木には皆の思いがつまってます。

あっ、これ僕。僕。

隣にいるのは、相棒、アイザック氏。南アフリカのヨハネスブルク出身のナイスガイ。

南アフリカ語で遊ぼうコーナーをいっしょに盛り上げてくれました。注:

僕の服は寝巻ではありません。民族衣装です。

生え際つるつる氏(本名:つるぶち氏)はカンガの説明をしております。

(カンガとは、主に東アフリカで多目的に使われている布のこと。1枚1枚にスワヒリ語でのメッセージが書かれています。つるつる氏が頭に巻いているものがカンガです。体には、マサイ族風の巻き方でカンガを着ています。)

テレビ会議中!!JICAのスーパーテクノロジーを使ったハイクオリティテレビ電話。はっきりくっきりな南アフリカ現地からの映像が声と共に届きました。いやぁこんな事が出来る時代になったんですね。凄い。

 

 

みなさーーん。Sanibonani!!

覚えていますか??www

こんにちは=Sanibonaniです☆

テレビ会議中の会場の皆さんの様子。皆、立ち上がり声を張りあげ熱狂的にテレビ会議に参加している・・・わけはない。

ふふふ。でも盛り上がりました。v

引き続きテレビ会議中。南アフリカから質問が出されています。

ドラムセッション スタート!!!

 

楽器を叩いて、踊って。

実に楽しい時間帯でした!!

 

子ども達が楽しんでくれていてとっても嬉しかったです。

うぉおおおおおおおお!!!!

by.クリス(真中で叫んでるお兄さん)

クリス:

「みんなー!オラに力を!!!」

(ドラゴンボールより引用)

この絵好き。

 

子どもたちが喜んでくれる。

子どもたちが楽しんでくれる。

子どもたちは純粋だから、正直な反応をしてくれる。

 

なんか、イベントを通じて皆さんと少しずつ壁が縮まっていく感じがしました。

フィナーレを迎えるにつれて、音楽が皆の壁をより取り払ってくれました。その絵がここに描かれていると思いました。

音楽は人を豊かにする。

素敵です。

最後に僕の個人的な感想を・・・

 

一つのイベントに対して、
全く手を抜かず大量の下準備をしていくプロ達のなかで、
僕は色んなことを感じ・学びました。

 

僕にとってアフリカは

距離的にも遠くて文化的にも遠い国でした。
このイベントを通じて少し色んな意味でアフリカを近くに感じれる様になりました。

イベントに協力してくれたアフリカンの友達達!本当にありがとう。

 

いつかアフリカに行ってみたいです。
偏見ばっかりの世の中では、
いくら新聞を読んでも
いくら勉強しても
偏見が強くなるだけかもしれない。
現実を見にアフリカに行きたい。
友達たちが生まれた国にいって、
アフリカの美しい文化や風景を見に行きたい。
そして、友達たちとその国の地酒を飲むんだ。

うへへ。

 

 

皆さん、また会える日まで。

 

 

Ngiyabonga!(ズールー語)    Dankie!(アフリカーンス語)

ありがとう!

 

集合写真。みんな、ありがとう。
集合写真。みんな、ありがとう。
32 コメント

2010年

6月

21日

◆福岡チームイベント(6月20日@春日公園)報告◆

ご参加いただいた皆様ありがとうございました!

<ご協力いただいた皆様へ>

先日の日曜日に春日公園で行われたサッカーイベントの報告をします。

振り返ってみると時間が全然足りない準備期間の中でよく開催できたなと思います。

自分の力によるところは少なく感謝すべき方々がたくさんいらっしゃいます。

 

まずこの方がいらしゃらなければ開催できなかったという「Fさん」に一番の感謝を伝えたいです。周辺のクラブチームに声をかけてくださり、試合など運営部分でもご助力いただきました。

 

そして次に九大の学生サークル「RICK」にも多謝です。

メインである南アフリカについて楽しく知ってもらうワークショップの企画をメインに運営を手伝ってもらいました。中心になって動いてくれた「Iさん」はじめ皆さんのおかげで無事に開催できました。

 

さらに、お忙しい中ゲストとして来てくださった福岡J・アンクラスの内堀選手と山本選手、そして協力していただいた河島監督、大変感謝しております。

 

他にも挙げるとキリがないですがお力をかしていただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

福岡チーム代表:下野弘樹

<イベント報告>

さて本題のイベントの報告ですが、参加いただいたのは全体で200名弱ぐらいで日本人の子どもが約70名とアフリカ各国出身の子どもたちが約20名でした。

開催前に雨もけっこう降ったので不安ではありましたが、これだけの人数が集まってくれて良かったです。

 

イベントの様子については下記に写真と動画をUPしてます!

まずはRICKによるワークショップでは南アフリカに関する3択クイズで子どもたちが大盛り上がりでした!!

あとは南アフリカ独特のサッカー応援スタイルについてもやりました。

 

次に子どもたちをランダムにチーム分けして試合をしました。

子どもたち元気でしたね~サッカーを通じた子ども同士の国際交流が印象的でした。

試合中は保護者の方々にも芝生内に入って観戦してもらいましたが、ブブゼラ(南アの楽器)に挑戦する人やボール遊びに夢中になる大人もいました(笑)

 

番外編としてお母さんたちVS子どもたちの試合も行いましたが、ナイスプレーがたくさん出てましたね!

途中でアンクラス選手によるテクニック披露のコーナーもあり周囲からは歓声が沸き起こっていました。さすがプロですね!

 

参加した子どもたちからは「楽しかった」「またやりたい」「外国の人と勝負できてよかった」など色々な声をもらいました。ここから未来の日本代表が生まれるのが楽しみですね♪

 

終了後はサッカーボールにアンクラス選手や子どもたちのサインをしてもらって記念ボールにしました。

人気のアンクラス選手たちも子どもからのサイン攻めにあってました(笑)

 

最後に今回の福岡でのテーマは「子どもの国際交流とスポーツ(サッカー)」でしたが、今後も独自に文武両道的な活動を継続していこうと思いました。

次は「サッカー×●●」どうなるか楽しみにしててくださいね。

ご参加いただいた子ども・保護者の方々どうもありがとうございました!

 

 

※最後にお知らせ

会場でも告知ありましたが、福岡J・アンクラスの直近の試合日程について再度お知らせします。

 

■6月27日(日) 11:30 キックオフ

VS アルビレックス新潟(小郡市陸上競技場)

■7月4日(日) 12:00 キックオフ

VS 日テレ・ベレーザ(小郡市陸上競技場)

 

ぜひ皆さんで応援に行きましょう!!

2010年

6月

18日

明日はアフリカがなごやにやって来る!!

いよいよ名古屋でのイベントは明日に迫りました。ここまで本当にいろんなことがあったなぁ・・。

 

最初に昔一緒にボランティアをやっていた黒須から話をもらって「南アフリカのイベントをやろう」とアフリカ好きが集まったはいいけれど、名古屋では南アフリカに行ったことがある人もメンバーにいなければ、最初は南アフリカの人も見つけられなかった。

 

アフリカの他の国に住んでいたり、行ったことがあるメンバーはこんなにも好きなのに全然それを活かせない・・どうしようといきなり壁にぶち当たったのです。そんな時、最初のミーティングに参加してくれてたニジェールから来たムサの一言が私たちを前へ進めてくれました。

 

「南アフリカで開かれる今回のW杯。初めてアフリカ大陸で開催されるということが自分たちはとても嬉しい。自分の国のことのように誇らしいんだ。」

 

そこで、私たちは「だったらアフリカ大陸全体にフォーカスするイベントにしよう!」ということに。メディアから流れてくる情報は貧困、紛争といったネガティブなものばかりで。こんなにも素晴らしい文化があるのになかなかそれを発信する場所がないから、だったらそんなポジティブなアフリカを伝えられるイベントにしよう!ということになったのです。

そうして、最初の一歩は踏み出したもののそこからがまた学びの日々。

 

アフリカは大陸であってその中には54カ国がある。それぞれは違う、とちゃんとわかっていたはずのなのに。協力してくれるアフリカンたちとの初打ち合わせで自分たちがいかにわかっていなくてイメージで動いていたのかを思い知らされた。

 

最初に予定していたファッションショー。「国の民族衣装を着てほしいの」と言えば、「植民地化された時に、自分たちの衣装を取り上げられ、伝統的な衣装なんてないよ」という子がいたり。「自分は都会出身で自分の国にいる時でも、そんなの着たことなかったのに。日本人と服装は変わらないよ」という子がいたり。

 

アフリカンビートで遊ぼうというのも、それぞれの国のビートをみんなが叩いてそれが調和するかというとやはりそういうわけではなく。むしろ「自分の国のビートなんて叩けないし」という子が圧倒的に多くて。確かに自分が、和太鼓で日本のビートを叩いてって言われると困りますよね。。

 

いきなり「全然アフリカのことをわかってない」と言われてしまったのです。本当に反省しました。でもその時自分の口から自然と出てきた言葉は「ごめん。本当にわかってなかったと思う。でもだからこそ、このイベントを通して私たち自身も勉強したいと思ってる。あなたが知ってること見てきたこと、できる限り教えてほしい。もっと知りたいし、みんなにも伝えたい」という言葉でした。

 

そこからアフリカメンバーたちは何度も何度も、パソコンを使ったり、写真を使ったりして自分の国のいろんなことを教えてくれました。中にはビデオを探して送ってくれたメンバーもいます。

 

ポジティブな面というと「物はないけれど笑顔に溢れていた」そんな言葉を思い浮かべる人も多いと思う。もちろんそれは真実だと思うけれど、でもそれだけではないということを伝えたい。もっともっと深い魅力がある。

コンゴ出身のクリスは「毎朝起きてお父さんにLosakoっていうんだ。それは『おはよう。今日のことわざを教えて』っていう意味なんだよ」と教えてくれました。それで毎朝一つことわざを言ってもらって一日中その意味を考えるのだそうです。どうしてもわからなければ、夜にどういう意味だったのかを教えてもらう。だから、毎日一つずつことわざが自分の中で増えていくのだと。

 

アフリカのことわざは素敵なものがたくさんあります。

 

マラウィのクララは「gentle rains give life. heavy rains give distruction」と言っていました。「やさしい雨は生命をもたらすけれど、激しい雨は崩壊をもたらす。」どういう意味?って聞くと「Be patient in life, taking things easy. Don't rush for things」という返事が。「人生においては耐え忍ぶことが必要。そして物事を気楽に捉えるの。決して焦っちゃだめ。」

 

とても速いペースで流れていってしまう忙しい今の日本にこそ、こんな自分のペースを緩めてくれる言葉が必要な気がします。

 

明日は一人ひとりに好きなことわざも一つずつ教えてもらう予定!

ぜひ楽しみにしていてください♪

 

ギリギリまでバタバタのイベントなりましたが、みんな仕事や学校がある中、本当によく動いてくれて、誰が欠けていても絶対にここまでできなかったと思います。大切な仲間に出逢えたことにも心から感謝!

 

最高のメンバーで明日は心を込めてイベント作っていきます。

どうぞよろしく!!

27 コメント

2010年

6月

18日

ウガンダ日記いきなりもうラスト(笑)

いっぱい書こうと思いながら明日のイベントを目前にして

いきなりラストになってしまったウガンダ日記です(笑)

 

短かったけれどかなり濃かった旅を終えて最後の日。
わたしはエヴァンスに
「ねぇ、あなたがもし日本に来たら
日本の人にウガンダの何を一番伝えたい?」って聞きました。

彼から返ってきた言葉は
「we live different, but normal」
(俺達の生活は確かに違っているかもしれない。
でもこれは普通なんだ。ノーマルなんだ)

エヴァンスは外国に行ってウガンダ出身だって言うと
まず「ウガンダってどこ?」って聞かれるって言ってた。
そしてそれはとても屈辱的だ、と。

「東アフリカだ」って答えると
「えっ、アフリカ?大丈夫?大変だね」って言われるって。
それほどショックなことはないって。

彼は言っていました。
「みんなアフリカを原住民の国みたいに思っている。
それか、紛争や貧困だけ暗いイメージしかなかったり。
でも違うだろ。 世界はアフリカのことを知らなさすぎるよ。

それにアフリカってひとくくりにされるのも好きじゃない。
日本だって同じアジアでもカンボジアとは全然違うだろ?
アフリカだって一緒さ。
その中の国1つ1つは全然違うんだ」

わたしは彼と握手して
「大丈夫。私がそれをあなたの代わりに日本で伝えるから」
と約束して帰ってきました。

they live different,but normal.

 

明日のイベントを前に、彼の言葉を思い出す夜でした。

この後は名古屋のここまでの軌跡をちょっと振り返っていきたいと思います!

23 コメント

2010年

6月

13日

NAGOYA★ ラストスパート

Clara(左)とSandra(右)
Clara(左)とSandra(右)

こんばんは。

Nagoya SiyadlalaチームのMOMOKAです。

 

FIFA WORLD CUPがいよいよ開幕しましたね☆

 

開幕式が行われた6月11日は、

イベントに参加してくれるアフリカ美女たちと共にGirls Partyでした!!

 

インターネットの開幕式の中継を必死に見ながら、

ブブゼラを鳴らし、名古屋からWCの開幕をお祝いしていました。

 

 

開幕式の余韻に浸ながら、

いよいよ来週19日に迫ったイベントに向けて、

NAGOYA組もラストスパートです!!

 

ClaraとSandraからカンガのマキ型を伝授してもらいましたよ★

 

 

 

さすが!!本場アフリカです。

 

カンガの巻き方も一様ではありません★

 

頭に巻いたり、

スカートになったり、

ドレスになったり、

はたまた赤ちゃんのおんぶ紐になったり♪

 

本当に便利なカンガです。

そして、おしゃれ!!


マイカちゃんのとびきりの笑顔も飛び出しました☆

 

 

 

NAGOYAイベント「アフリカが名古屋にやって来る!」では、

ご来場のみなさまに

カンガ紹介

カンガの試着コーナー(休憩中)などを楽しんでいただけます★

 

当日は、私たち4人がカンガの試着コーナーを担当します!

ぜひ遊びにきてくださいね。

 

 

(左から)Momoka, Clara, Sandra, Maika
(左から)Momoka, Clara, Sandra, Maika
26 コメント

2010年

6月

11日

ワールドカップついに開幕!!

ついに、ついに、このときがやって参りました!!

僕は友達とケープタウン市街にあるパブリックビューポイントで開幕戦を見ていたんですが、それはそれはすごい盛り上がりようでした。

昨日から前夜祭としてフェスティバルやカーニバルが始まっていて、みんな踊り狂っていました。

僕は調子に乗りすぎて、ポケットに入れていたデジカメを盗まれてしまいました・・・なので、写真をアップすることができません。涙

申し訳ないです・・・カメラを持っていない日本人なんて、ただの猿ですね;;

でも、昨日は僕の他に二人もデジカメやケータイを盗まれた友達がいて、もう一人なんて帰り道で強盗にあってしまったようです。

彼は住んでいる場所が悪いのか、2月からもう2回も強盗にあっています。

下手に抵抗せずにおとなしく金品を差し出せば、むやみに殺したりはしないので、そこまで怖がる必要もありませんが・・・

とにかく、それほどの人だかりで盛り上がっていたということです。笑

 

バファナバファナの緒戦は本当に良い試合だったと思います。

十中八九メキシコが勝つだろうと思われていた中、バファナバファナが先制点を決めた瞬間はそれはもうお盆をひっくり返したような盛り上がりようでした。

特に、同じグループである第二回戦のフランス対ウルグアイが0対0の同点に終わったので、バファナバファナが勝ち残る可能性がさらに高くなり、南アは大興奮の渦に包まれています。

 

みんなこの日を本当に待ち望んでいて、南アでワールドカップが開かれることをとても誇りに思っている様子がひしひしと伝わってきます。

道端で会ったアフリカ人のおじさんと話しているときに、「俺は南アでワールドカップが開催されることが本当にうれしいけど、アフリカーナーのやつらはサッカーに興味がないんだよ」と言っていました。

先日『インビクタス』という映画を見たばかりなので、その言葉の意味が余計に身に沁みます。

1995年に開催された、富裕層のスポーツであるラグビーのワールドカップ。

その15年後の今、開催されている、どちらかというと貧困層のスポーツであるサッカーワールドカップ。

同じスポーツトーナメントでも、南アにとってその意味や重みは本当に大きく違います。

 

結局お金を儲けているのはFIFAだけだとか、こんなに治安が悪い場所でなぜワールドカップを開くのかとか、今回のワールドカップには様々な批判があります。

だけど、黒人のスポーツであるサッカーのワールドカップを南アで開催できたという事実を、誇りをもって祝福したいと思います。

本当に、無事に大会が終了してくれることを心から願います。一人でも多くの人々が、このイベントを楽しむことができますように。

 

そして、我が祖国である日本のことも、全力で応援したいと思います。

明日から友達とポートエリザベスに10日間行ってきます!!

途中日本代表がキャンプしているジョージにも寄る予定なので、本当に楽しみです。

 

それでは、日本の皆さんもぜひワールドカップを楽しんでください!!

僕も、現地から全力でブブゼラを吹き鳴らします!!

 

 

ケープタウンより

戸川翔太郎

27 コメント

2010年

6月

11日

大阪MTG!

お待たせしました!大阪MTGの一風景をご紹介します!

 

昨日の大阪MTGは梅田の、なぜかベトナム料理屋さんで行いました。笑

 

おいしかったねぇ~!

 

 

大阪では、小学生を対象にした、外国人とのフットサル大会、

そして南アを始めとした世界の国々の文化などを紹介するブースを出します!

 

そのブースの詳細を決めるために、大阪メンバーはいろいろと考えております…!

 

小学生ってどんなんに興味もつのか??

 

小学生を飽きさせないためには??

 

いろんな人に来てもらいたい!

 

大阪メンバー一同、7月の開催に向けて、

 

思考錯誤中です!!

ベトナムビールを飲みながらの(笑)、アイデア出し合いでした。

 

また詳細が決まり次第、大阪からご報告させていただきますね!

 

 

とりあえず!W杯が開幕されましたね!

 

もう興奮です~★

 

みんなで楽しみましょう!!

 

 

くろす

29 コメント

2010年

6月

10日

<名古屋>南アフリカとリアルタイム中継!

みなさん、こんにちは。

名古屋チームの古川です。

 

名古屋では南アフリカとのテレビ会議を行います♪

そして、南アフリカとのテレビ会議を現地でコーディネートしてくれるのは青年海外協力隊として南アフリカで活動中の隊員さんです。

JICA-NETという画質の良いテレビ会議システムにより、現地で出演してくださる、南アフリカ人の方々とのトークとクイズを行います。


今回、現地の隊員さんは、クイズのために街角でアンケートを行い、さらに答えに使用する街の人々のインタビューまで撮影してくださいました!大感謝です!

6月19日のテレビ会議のために一番頑張ってくださっているのは現地の隊員さんと言っても過言ではありません。

 

さて、さて、どんなクイズが飛び出すのでしょうか?!

答えは、会場で♪

南アでのアンケートのひとコマ
南アでのアンケートのひとコマ
33 コメント

2010年

6月

08日

<名古屋>ドラムセッション〜1〜

こんにちは。

東京のみなさま、お疲れさまでした〜♪

 

名古屋チーム、くみんです。

名古屋で最後のコーナーになるドラムセッションの時間を担当しています。

 

当日は大小さまざまなドラムやパーカッションを全員の方にご用意しています。そして「ドラムサークル」と呼ばれる即興での音楽作りの体験を皆さんにしていただきます。

 

普段、多くの方にとって音楽は「聴くもの」だと思うのですが、ドラムサークルではリズムを通じて「参加」し、音楽を「一緒に作り上げる」アクティビティです。

 

音楽的経験の有無、年齢も国籍もまったく関係ありません。

あなたはあなたらしく、参加して下さればいいのです。

 

「でも。。。。」

と思う方があるかもしれません。

心配しなくても大丈夫!

ファシリテーターと呼ばれる、ガイド役が楽しくリードしていき、皆さんの心と音をつなげていくお手伝いをいたします。

 

実際にどんな風におこなわれるのか、参考になる画像をあげておきます。

 

 2009年につま恋で行なわれたドラムキャンプでのドラムサークルの動画です。前半しばらくは全体の様子が続きますが、後半1人の男の子が真ん中に出て行く(押し出される?)事により、サークルの意識が変わります。彼とサークルとのアンサンブルに注目です。

ファシリテーターは石川武氏(ドラムサークルファシリテーター協会副理事)です。

 *必ず誰かがソロを行なうというのが目的ではありません。

 

彼の登場は決められていたことではなく、この日たまたま起こった事です。このようにその場で起こる要素を織り込みながら、ファシリテーターはドラムサークルに変化を与えたり、促して行くのです。

 

ちなみにこの少年Dくんは6/19の名古屋のイベントに参加予定です。

(この時、彼が使っていたのはサンバに使われるドラムです。)

 

次回は使用する楽器についてお話させていただきますね。

 

 

21 コメント

2010年

6月

06日

Siyadlala with South Africa! ―南アフリカ人×日本人―

昨日の6月5日、Siyadlala第二弾のイベント、『Siyadlala with South Africa! ―南アフリカ人×日本人―』が行われました!

 

六本木の南アバー、「Golden Lion」にご協力いただき、南ア料理を楽しみながら、南ア話に花が咲きました。

 

 

第一部は、ゲストの津山直子さん、フーガさん、ブシさんの自己紹介を兼ねて、過ごされた地域、それぞれの都市の特徴をお話くださいました。

 

その後、フーガさんから南アについての国紹介。

南ア独特の気候の話から始まり、南アがもつ自然の豊かさ、文化の豊かさ、人種の多様性を聞くことができました。

 

南ア人から、南アについての紹介!とっても貴重なお話でした。

 

たくさんの写真を使い、説明してくださいました!

 

一つの国だけども、場所・気候が違うことによって、ある自然も文化も違う。

 

図や写真を見せて説明してくださったので、とてもわかりやすかったです。

 

←ゲストの津山さんと、フーガさん。

 

トークショーでは、初めに津山さんからは南アの歴史を説明していただきました。

 

アパルトヘイトという負の遺産をもちながらも、94年の民主化後「虹の国」を目指していく南ア。

 

その激動の時代の南アで過ごされた津山さんのお話は、大変勉強になりました。

 

また、アパルトヘイトの終焉時代が幼少期だった、フーガさんとブシさん。

 

確かに、辛い過去を辿ったけれども、「南ア人」としてみんな共に生きていく。その精神の強さを感じました。

 

また、responsibility guiltを持ちながら生きていく、とアフリカーナーのフーガさんはおっしゃいました。

その言葉は私たちにとってとても重い言葉だけれども、それを受け止めて生きていく。

バックグラウンドは違うけれども、多様な文化や人種は入り混じり、それが「南ア」の良さなのだと感じました。

 

そして、トークショーの最後に、南アワールドカップの意味について、ゲストのみなさんのお聞きしました。

 

このワールドカップは、南アだけでなく、アフリカ全体に意味があること。

 

もちろん経済効果もあるし、南アという国、アフリカの国々のことをより世界に発信できる機会でもある。

 

メディアでは治安や貧困問題ばかり目立つが、南アのこういった自然、文化の多様性を伝えたい。そして南アを好きになってほしい。

 

との熱いメッセージ。3人のゲストの方の南アへの想いが伝わってきました。

←Golden Lionさんからの南ア料理。

南アオリジナル、ブルボス(ソーセージみたいなの)、

サモサ、チキンをいただきました!

 

大好評でしたね!

 

この後の第二部は車座でのワークショップ。

 

みなさんゲストの方への質問や、参加者同士の交流も含め、大変な盛り上がりでしたね!

 

1時間弱のワークショップでしたが、笑い声が絶えないワークショップになり、私もとても嬉しかったです♪

 

みなさんの交流の場になったのであれば幸いです。

運営側のSiyadlalaメンバーと、ゲストのブシさん。

 

企画から運営までありがとうございました!

 

参加者の方から反響の良かった交流会になれたのは、メンバーのおかげです。

 

本当にありがとう!!料理もおいしかったしね♪

 

参加者の方も本当にありがとうございました!

 

 

今回で東京でのイベントはいったん終わり、次回は名古屋にバトンタッチです!

 

そして、もうすぐワールドカップ開幕ですよ♪

 

盛り上がっていきましょうー!

 

 

くろす

28 コメント

2010年

5月

31日

フットサル大会当日!

昨日、5月30日は、siyadlalaイベント第一弾!

「南アフリカとフットサル!in Tokyo」が行われました。

 

合計14チーム、約130人の人が参加してくださいました!

日本人だけでなく、南ア、コートジボワール、ベトナム、フランス、イラン、マリ、ウガンダ、アフガン…出身など、かなり多国籍なフットサル大会になりました。

 

14チームで各チーム5試合という、スケジュール的にもきつきつだったのですが、みなさんにもご協力していただき、時間通りに、また大きな怪我等もなく、無事に終えることができました。

 

本当にありがとうございました!!!

 

私たち自身が、初めてフットサル大会を主催したということで、いろいろとご迷惑をおかけした部分もあると思います。

 

少しでも、参加者のみなさまが南アを始め、いろいろな国の人と交流するきっかけを提供できたのかな…と思うと、とても嬉しいです。

 

そして、W杯まで、もう12日!!

盛り上がっていきましょー!

 

 

本当にありがとうございました。

ベトナム人チームとコートジボワール人チーム。

 

盛り上げ役になってくれました!!

どのチームも接戦でした…!

 

応援にも力が入ります。

予選終了後、順位決定のチームを書き込む様子…。

 

最後にどのチームとあたるのか…。

 

 

チームのみなさんが集まってきて、注目してました…!!

審判の山田くんも真剣です…。

 

 

そして、私の手持ちの写真では、決勝戦の様子があまりなく…。涙

 

また次回フットサルの写真をアップしますね!!

 

まだ出てないチームはお楽しみに!!

 

今日参加してくださった、在京南アフリカ大使館科学技術部のみなさん。

 

本当にありがとうございました!!!

 

懇親会でも、貴重な南アのお話をしてくださりました!

スタッフ事前打合せ。

 

フットサル大会開催の前のMTGランチしてました。

 

名古屋のメンバーのつるぶっちーも参加♪

ありがとう!!

 

のんびりしすぎて(笑)、ドタバタ準備になってしまったけど…!

今日のSiyadlalaスタッフ。

スタッフの集合写真を撮るのを忘れ…(失態!)

 

なぜか帰りの有楽町線の中です。笑

 

本当にお疲れ様でした!!!

 

みんながいなかったらできませんでした。。。

 

 

本当に本当にありがとうございました。

みんなとフットサル大会が開けて、本当によかったです!

 

 

また次のフットサル大会の写真をお楽しみに!!

 

 

くろす♪

26 コメント

2010年

5月

29日

フットサル大会前日!!in Tokyo

いよいよ!東京のフットサル大会が明日となりました♪

少し天気が不安なですが…私は晴れ女なので、きっと晴れになることを祈っています!

 

東京メンバーは、渋谷で準備を進めておりましたよー!

 

 

みおちゃんと、

ねーさんと、

山田くん 

ありがとう!

手際よく準備が進んで、良かったですー。

みおちゃん、参加者のみなさま用の名札を切っております…。

 

とってもかわいいデザインなんですよ♪

 

お楽しみにー!!

ねーさん、明日の配布資料を、折り折りしています。

 

んもう、これもデザインかわいいんですー!!

 

力入った、資料になってますよ。

 

対戦表もこの中に…!!

 

当日のお楽しみです。

山田くんも、名刺切り切り。

 

山田くん、この日メンズ1人だったのに、几帳面にいろいろ作業してくれて…。

 

この日の女性群は雑なのばかりで。笑

対戦表作り。

 

ねーさんが持ってきてくれた、マスキングテープが大活躍♪

 

明日壁に貼ってあるので、見てくださいね!!

そして…!!!これ、なんだかわかりますか??

 

そう。。。そうなんです!!

 

siyadlalaチロルチョコと、siyadlalaキットカット!!!

 

すごいでしょー!!!

 

ねーさんが作ってくれて、メンバー全員興奮でした!

 

これも明日見れるかは…お楽しみに!!

 

 

あれ、写真とっていた私は写っておらず…涙。

 

みなさま、明日お会いしましょ!

 

当日でも、見学は可能なので、遊びにきてくださいね♪

 

待っております!!

 

 

くろす ひとみ

27 コメント

2010年

5月

23日

チャンピオンズリーグファイナル!!

またまたケープタウンから戸川です。

 

昨日はヨーロッパチャンピオンズリーグの決勝戦!ということで、友達とパブで試合を見てました。

あまり面白い試合とは言えませんでしたが、インターミランが優勝してイタリア人の友達は大喜びです。

 

どこの国でもそうかもしれませんが、南アフリカでもサッカーは国内リーグよりヨーロッパリーグの方が人気が高いくらいで、試合が行われる夜はどこのパブも超満員です。

特に、僕が所属している開発学プログラムはほとんどが欧米からの留学生で構成されているので、自然と友達も欧米人が多くなって、ヨーロッパリーグの話をすることが多いです。

アメリカ人は全然サッカーはダメですけどね。笑

マンチェスターユナイテッドはワールドカップに出るの?と聞かれたときは、サッカーにそこまで詳しくない俺でもびっくりしました。笑

ちなみに日本人はまだ一度もキャンパスで見かけたことがありません。

 

一方、僕が住んでるのは大学の寮なんですが、そこではレソト人とジンバブエ人と3LDKの部屋をシェアしています。

彼らともたまに遊びに行きますが、彼らは僕と遊びに行くときは一切お金を持たずに行くことが多いので、ほぼ毎回僕がおごるハメになります。笑

今度は俺が翔太郎におごるから!といつも言ってますが、まだ一度もおごってもらったことはありません。

まさにTIA(This is Africa)って感じです。笑

 

もちろんアフリカ人が全員そんな感じだとは断じて言いませんが、やはりどこかに「日本人なんだから金持ってるだろ」という意識があって、常に足元を見られている気がしなくもありません。

開発研究では「途上国の依存体質」というのが良く議論に上りますが、やはりそういった部分は否定できないのかもしれません。

 

でも、そこを差し引いてもハウスメイトはいい友達なので、これからもずっと仲良くしていきたいと思ってます。

まあ、日本人のくせにお金を持っていない僕も悪いんで・・・「学生が貧乏なのは世界共通」っていうのを広めていきたいと思います。笑

でも今住んでいる寮は家賃が高いので、来月には引っ越さなければならないのが残念なところです。

 

ここ最近は冬の足音もピタリと止み、良い天気が続いています。

にもかかわらず学期末の課題のために毎日図書館にこもっているのが悲しいです。

でも、友達がワールドカップのチケットを入手したので、来月13日からポートエリザベスに遊びに行きます!

今はそれを励みにラストスパートをかけてがんばりたいと思います。

また写真とかアップするので、楽しみにしててください☆

25 コメント

2010年

5月

17日

ケープタウンからこんにちは

はじめまして!

ひょんなことからこのイベントに関わることになりました、戸川翔太郎です。

現在ケープタウン大学に留学中で、修士課程で開発学を学んでいます。

なので日本でのイベントに直接関わることはできませんが、ブログで現地の様子を伝えたいと思います。

 

ワールドカップまであと24日!ということで、こちらは大いに盛り上がっています。

ニュースのキャスターまでバファナバファナ(南ア代表チームの愛称)のユニフォームを着てテレビに出ていたり、毎週金曜日はプロモーションのためにバファナバファナのユニフォームを着ることが全国的に奨励されいたり、サッカーの話題でもちきりです。

大学でも、金曜になるとみんながユニフォームを着てるので異様な感じです。笑

ワールドカップ開催中は全国の学校が一斉に休みになることが法律で決まっていて、ケープタウン大学なんかは学生寮をゲストハウスとして運営する始末です。笑

とにかくみんなでワールドカップを成功させようという意気込みが感じられます。

 

でも、ケープタウンは最近は冬に向かう真っ最中で、毎日雨に風に寒さに、ひどい天気が続いています。

大学は学期末で課題がてんこ盛りなので、外に出られないのは都合がいいんですが・・・

あまりにも寒くて、つい先日ヒーターを購入してしまいました。

ワールドカップ開催期間は冬の真っ只中なので、ケープタウンにお越しの方は防寒対策を忘れずに!

 

 

・・・勢いで書き始めたものの、他にワールドカップに関する話は思いつきませんでした。笑

また何かあったら更新するのでお楽しみに☆

最後に、ケープタウン大学の写真と、二ヶ月前に行った喜望峰の写真をのっけときます。

ケープタウン大学(この日はイベントがあったか何かで、異常に人が集まってました)
ケープタウン大学(この日はイベントがあったか何かで、異常に人が集まってました)
喜望峰(風が強くて大変だった!)
喜望峰(風が強くて大変だった!)
31 コメント

2010年

5月

16日

マイカのウガンダ日記はじまりはじまり

名古屋チームのマイカです。

名古屋は南アフリカだけでなく、いろんなアフリカの国の文化を紹介する!

というスタイルでやっているのですが、

準備も進んできてどんどん楽しくなってきました♪

 

わたし自身は3年前にウガンダへ行ったことがあり、

ここからちょくちょくその時のエピソードなんかをご紹介していこうと思います。

イベントに向けて気分を上げていってください!

 

 

 

 

 

首都カンパラから南へ車を走らせると、

マトケ(緑色のバナナ、これがウガンダの主食です)畑が

広がる道へと出た。

 

 

 

そしてさらに行けば、土は赤土に。

あまりにも鮮やかな色で、見とれてしまう。

土に見とれるなんて初めての経験。

 

車内で案内してくれていたエヴァンスに

「村の人は学校どうしてるの?」

「何時に起きて何時に寝るの?」

「病院はあるの?」など、いろいろ聞いていると

「せっかくだから本人たちに聞いてみればいいよ!

俺が通訳してやる」と村で車を止めてくれた。

 

この村では近くに学校もなく、

子どもたちは一切勉強していないという。

病院も「うんと遠くまで行かないとないよ」と言ってた。

 

でもみんな生き生きしてた。

彼らにとってはその生活が当たり前になっていて、

与えられた自分の環境を全力で楽しんでいた。

 

わたしが

「何が文化で何が貧困なのか、ここに来て正直わからなくなった」

と言うと、エヴァンスは

「行けるけど行かないのと、行けないから行かないというのは違う。

そこが貧困と文化の違いだと思う」と答えたのだった。

 

道はどこまでも続いているとばかり思っていたのだけど、

ある村に着いたとき、行き止まりになった。

エヴァンスも苦笑。

 

来た道を引き返しながら、

「マイカ、おまえ今まで行き止まりにあったことあるか?」

 

そりゃあ、あるけど何となく話の流れでNOと笑って言ってみる。

 

「そうか。じゃあ、たった今おまえは

the end of the world(世界の果て)に行ったんだ」

 

 

 

 

世界の果ての村。

なんて素敵な響きだろう。

彼らがそこの住人。

 

途中で引き返したのですっかり夜に。

電気がないので本当に真っ暗。

そんな中、車はオーバーヒートで止まってしまった。

 

助手席のシートを上げ、

水を足したりして冷やす、ドライバーのポール。

 

 

 

外に出る。

見上げると月がきれい。

月の明かりだけに照らされたマトケ畑。

大きな葉っぱがサラサラの揺れる。

 

じーんとした。

 

本当の「夜」というのをわたしはこの時まで

味わったことがなかったかもしれない。

そう思った。

 

 

*****

 

というわけで第一回目いかがだったでしょうか~?

 

マイカのウガンダデイズはこれからも続きます。

ちょくちょくUPしてくので読んでねー。

 

他のメンバーも随時アフリカ話をUPしてくと思うのでお楽しみに♪

25 コメント

2010年

5月

16日

南アフリカバー♪

金曜日の夜は、東京メンバーで六本木の南アフリカのバーのGolden Lionhttp://www.goldenlion.jp/ さんにお邪魔してきました!

いつも早めに来ても終電までお世話になっています・・・!

 

少し打合せをしつつ、南ア料理を堪能してきました~。

ちょっとご紹介♪

ボボティ(ケープマレー料理)
ボボティ(ケープマレー料理)
ブルボス(南アソーセージ)
ブルボス(南アソーセージ)
ポイキーコース(鉄鍋煮込み料理)
ポイキーコース(鉄鍋煮込み料理)

などなど・・・南アフリカならではの、いろんな国の要素がまじりあった料理が楽しむことができました!

 

ボボティのケープマレーと書いてあるのは、南アの都市ケープタウンのマレーシア系南ア人の料理ってことです。

ほかにも、南アの都市ダーバンはインド系が多く住んでいるので、ダーバンカレーもあるんですよ~。

 

そうなのです、南アって黒人だけじゃないのです!!!

 

白人、黒人、カラード、インド系、マレー系、中国系・・・

 

世界中の人種、文化、宗教がまじりあっている国なんです~。いろんな料理が楽しめる国なんですね~!

歴史的にも奥が深い、面白い国ですね!

 

ぜひ、みなさんも六本木に行った際はのぞいてみてください!

南ア料理を食べながら・・・南ア産ワインも飲んでみてください~。

 

 

くろす♪

34 コメント

2010年

4月

29日

南アフリカ!を言葉を通じて ほにゃららら

どうも。まこっちゃんでーす。(略式:MKT)

この度、14:40-14:50のプログラム

南アフリカの言葉で遊ぼう!」を担当する事になりました。

短い時間ですが「おもろい企画」にしようと思うので是非ともよろしくでーす。

 

ちなみに南アフリカの言葉(以下、南ア語)といっても

公用語だけでも11言語あります。

南アフリカ(以下、南ア)は

色んな人々が色んな形で生活を営んでる国なんですねー。

ふむふむ。

 

それは時には難しさも生みますが、

僕は一つの国にそれだけ多様性がある事はとっても素敵な事だと思ってます。

そうじゃそうじゃ。

 

今、南アは僕にとって遠くて遠い国です。

距離的にも文化的にもです。

でも、この企画を通じて、少しでも遠くて近い国になれたらいいと思います。

 

とりあえず、南ア語を実際に聞いてもらいたいです。

南ア国歌をその第一歩にしましょう。

 

なななぁななななんと!南ア国歌は5つの言語で歌われているのです!

コーサ語、ズールー語、ソト語、アフリカーンス語、英語の順で歌われます。

 

下に、南アフリカの国歌

Nkosi sikelel' iAfrika」(神よ、アフリカに祝福を)

を添付しています。

(国歌の日本語訳、歴史、意味なども追ってアップしていきます。)

とりあえず、是非ともお聞きくださーい☆

 

MKT 

 

 

☆☆☆ MKT Database ☆☆☆

 

Data 1 

南アフリカで使われている11個の公用語についてです!

多くの人々、特に都市部の人々、にとってその中から2、3言語を話せるのが普通でーす。

どの言語が使われているのかは、各州、各地域別によって大きく違うのだ。 

 

・ズールー語

(アフリカ系黒人言語でズールー語を母国語とする人は24%。ダーバンで良く使われる。)

・コーサ語

 (アフリカ系黒人言語で母国語とする人は18%。ケープタウンで良く使われる)

・アフリカーンス語(オランダ系移民の母語で母国語とする人は13%。)

・北ソト語 (アフリカ系黒人言語)

・ツワナ語 (アフリカ系黒人言語)

・英語 (公的な場、商取引では必須。母国語とする人は8%。)

・南ソト語 (アフリカ系黒人言語)

・ツォンガ語

・スワジ語 

・ヴェンダ語

・南ンデベレ語

 

Data 2

サッカーを通じて言葉遊びをしましょう。

南ア人はとってもスポーツLOVE。

スポーツの好みは人種によって微妙に違うみたいですが、

アフリカ系南ア人の好みはサッカーだそう。

(ちなみにMKTはテニスが一番です。サッカーは観戦のみ激LOVE。)

 

遊び 1

南アサッカー代表チームは「バファナバファナ」(男子代表)・「バニャニャバニャニャ」(女子代表)と呼ばれています。

さて、これはどーんな意味なんでしょうか?

 

「バファナ」とは「少年たち」という意味があるんですが、

「バファナ」を繰り返すことで「ゴー!ゴ!ボーイズ!」といった声援に似た意味合いになります。

なるほそですね。

ちなみに、女子チームの意味も「ゴー!ゴー!ガールズ!」です。

 

遊び 2

南アWorld Cupのマスコット見たことあります?

知らない人の為に下に写真を張っておきます。

ヒョウの「ザクミ」君です。覚えておいてね♡

格好つけて左手を上げてますが、腹が立つほどイケメンですね。

 

まぁそれはさて置き、

この「ザクミ」にはどういう意味があるのでしょうか?

 

南アを意味する単語のイニシャル「ZA」と、

数字の10を意味する「Kumi」から名づけられたんです。

10はWorld Cup 2010の10から来てます。

 

なるほどですねー。

 

 

話変わりますけど、MKT今日眼鏡を2本も新調しました。

自慢したいので下に写真載せときます。

ザクミ君(Zakumi)  http://news.livedoor.com/article/detail/4222064/
ザクミ君(Zakumi) http://news.livedoor.com/article/detail/4222064/
眼鏡小僧MKT
眼鏡小僧MKT
33 コメント

2010年

4月

28日

★名古屋★ ファッションショー

アフリカが名古屋にやってくる★ ファッションショー

こんにちは。

Siya Dlala名古屋チームのMOMOKAです。

 

今回、ラジオDJのマイカさんと一緒に、

オープニングを担当させてもらうことになりました。

 

 

オープニングからがっつり盛り上げていきますよ!!

 

さて、名古屋のオープニングなのですが、

すごい!!

熱いです!!

 

盛り上がってます!

 

 

 

「アフリカが名古屋にやってくる」という

イベントのコンセプト通り、

 

 

オープニングから

 

 

楽しめちゃいます。

 

 

というのも、

名古屋在住のアフリカの方々による

ファッションショーを計画中★

 

 

モデルのアフリカの方々には、

素敵な民族衣装を着てもらい、

会場が一体となるようなファッションショー

を作り上げていきたいなと思っています。

 

 

では、ここでモデルの方々の紹介を少しだけさせていただきます。★

 

マダガスカル出身のアンドーさん★(左)

 

モザンビーク出身のメンディアットさん★(右)

 

です!!

 

 

お二人ともすごく陽気で、おもしろくて、優しい人。

ダンスもすごくお上手です♫

 

個人的にも親密にさせていただいてる私にとって、

お二人はまるでお兄ちゃんのよう☆

 

 

こんな素敵な方々と一緒に作り上げていくオープニングは、

最高にHAPPYな時間の幕開けです!

 

 

みなさん、ぜひ会場に遊びにいらしてください☆

 

 

名古屋オープニング担当:MOMOKA

49 コメント

2010年

4月

27日

南アフリカを知るための60章

先日、南アフリカを知るための60章が出版されました。

 

南アフリカについての、本格的な入門書です。

 

南アフリカの歴史から、アパルトヘイトの歴史、経済、資源、変化し続ける社会、現代の南アが抱える問題…などなど、

様々な切り口から、様々な方が書いています。

 

研究者から活動家、学生…「南アという空間に心寄せてきた」、いろんな立場の方の視点も学べる、貴重な本です。

 

ぜひ、この機会に、ワールドカップ前に読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

南アフリカを知るための60章』(明石書店刊、定価2100円)

編集:峯陽一

 

 

代表 くろす

 


23 コメント

2010年

4月

19日

アースデイに行って来ました!!

WorldFutのイベント
WorldFutのイベント

4月18日、Viva South Africa Team東京メンバーは

代々木公園を中心に行われたアースデイに行って来ました!!

 

そこでは、WorldFutという国際協力を目的とする学生団体の

フットサルイベントにお邪魔させていただき、

フットサル運営の雰囲気づかみをさせていただくと共に、

私たちのイベントの広報の協力もしていただきました。

4月14日に初めてこちらから連絡をとらせていただくという、

どたばたで少々ぶしつけな要求だったのにも関わらず、

WorldFutの皆様は快く受け入れてくださいました。

HPに掲載するメッセージもたくさん書いていただき、本当に感謝しています!!

この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました!

今後もお互いに協力し合える良き関係を構築させていただけたらと思います。

 

 

今回、

フットサルを近くでみることで闘志が湧いてきて(私も選手として出ようかな。笑)

ワールドカップに向けてなんだかわくわくうずうずしちゃいました。

ちなみに、榎本さんもそんなことを言ってました!!東京メンバー気合十分です!

 

今回の広報で、5月30日のフットサル大会に興味を持っていただいた方もいらっしゃったので、(実はサッカー界のすごい方ともお近づきになれたのですよ。)非常に嬉しい楽しい一日でした!! この勢いで3都市とも盛り上げていきましょうね!

siyadlala~★★

 

たむら

 

26 コメント

2010年

4月

18日

★名古屋★ イベント紹介を載せました!

 

皆様、初めまして。

 

Viva South Africa 名古屋チームのてっぺいです。

 

今日載せた、トップページのイベント紹介にもありますが、

名古屋イベントのウリの1つは、

 

南アフリカとの中継

 

です!

 

ワールドカップを迎える、南アフリカの人々の

リアルタイムの声を聞けるよう、

現在、現地とスケジュールを調整中です。

 

当日は向こうの話を聞くだけではなく、参加者からの声も

伝えられる、

双方向な中継にしたいと思っています。

 

皆様、ぜひぜひご参加ください~♪

 

 

 

33 コメント

2010年

4月

16日

いよいよSiyadlala!起動です。

               2年前の決勝戦スタジアム
               2年前の決勝戦スタジアム

お待たせしました、W杯開催記念!南ア交流イベント SIYA DLALAのホームページが起動しました!

 

今後のスケジュールやお知らせ等、ホームページからどんどん発信したいと思います!

 

どんなメンバーがいて、どんな風にイベントを作っているのか…

そしてどんな南ア・アフリカ人がいて、どんな風に交流していくか…

 

随時お知らせしていきますね!

 

メンバー一同、楽しい面白い、参加してHappyになれるイベントを目指していきますので、多くの人のご参加お待ちしています♪

 

 

代表 くろす ひとみ

26 コメント